お医者さん

長女が治ったと思ったら今度は妹の番だ。
ただしあの小児科にはお世話になりました。
いつも出向く度にこういうドクターは決まって「流感ですね」。
こういうドクター、流感としか言わないのではないかとおもうほど、思い切りカップルの小児は流感をひいていました。
予め、カップルともナースちゃんに言い方を覚えられていたぐらいだ。
そのナースちゃん、近くのアルティメットで随時会うことがあります。
巡り合うたびに「○○氏流感ひいてない?」と小児らに声をかけてくれましたが、長女と妹とごっちゃになり、たまにはカップルの言い方がまじりあってしまうことも(笑)
でも、気さくに声をかけてもらえるチラチラ女性のナースちゃんだ。
カップルの小児も大きくなり、最近はその小児科にはお世話になっていませんが、先日ばったりいつものアルティメットでそのナースちゃんの見た目を見かけました。
依然心持ちそうな見た目をみて、「いつか孫ができたらまたお願いしますね」といった想いで陰ながらつぶやいていた僕でした。
顎のニキビシミ対策